モノオペラ『ガラシャ』

モノオペラ『 ガラシャ 』名古屋能楽堂公演

モノオペラ『ガラシャ』名古屋能楽堂映像配信!

09/30 (金) 21:00 - 22:30

アーカイブ終了日時(最大)10/03 (月) 23:59

ローチケライブストリーミングにて、名古屋能楽堂公演のガラシャ公演が配信されます。

チケットはこちらから!➡

gallery
308686034_635104171309233_2033449959341341647_n.jpg

モノオペラ『ガラシャ』天橋立公演

前日のリハは寒くて風も強くて凍えるリハだったのですが、本番前にはピタリと風が止み暖かい気温に。

台風で通常なら濁るはずの海も綺麗な水で穏やかに波をうち、美しい天橋立の松林と砂浜を渡鳥が過ぎ去り、絵に描いたような美しい夕暮れの中、公演が始まりました。

段々と暗くなる空の色と福本潮子さんの藍染の帷が溶け合い、最後は満点の星空の中夜の波の音とカルテットの音色が混ざり合う夢のようなシチュエーションで公演する事が出来ました。

ガラシャが父の明智光秀と共にお茶会をしていた天橋立のまさにこの場所で、 400年前にもこの波や鳥の声を彼女も聞いていたかと思うと、言葉にできない想いです。

どんなストレスな状況でもチェロ植木さん、フルート北川さん、パーカッション窪田さん、ピアノ川田さんはいつも穏やかでたくさん笑わせて頂き、

能楽師シテ方林さん、谷本さん、狂言方茂山さん、という別分野で関わる事のなかった素晴らしい方々とご一緒できた事、そしてイタリアから台風にも負けず文字通り飛んで来た演出のマテオやたくさんのスタッフの方々のご協力で、無事このハイリスクでクレイジーな公演を終える事が出来た事、そしてギリギリまで台風が心配だったにも関わらずお越し頂いたたくさんのお客様、本当に、心より感謝致します。

どうもありがとうございました。

gallery
308632765_635104874642496_15146947817383146_n_edited_edited.jpg

モノオペラ『ガラシャ』

Mono opera Garasha

Composer : Esteban Benzecry

Libretto : 有松遼一

Stage director : Matteo Mazzoni

Garasha/ Ayako Tanaka

Shosai/ 林 宗一郎

Old man/ 茂山 逸平

Opening Prayer/ 谷本 健吾

Flute / 北川 森央

Cello/ 植木昭雄

Percussion / 窪田 健志

Piano/ 川田 健太郎

Photo: 氵首 忠之